wiki:製品アイデア/ツール/出金簿

製品アイデア: 出金簿

議論へのリンク

  • ノート
    • 本アイデアへの疑問点や意見は上記リンク先ページにて追記すること。

製品名称

出金簿 (仮)

概要

出金、即ち何にどれだけお金を使ったのかを逐一記録するツール。

想定環境

  • スマートフォン (Android, iOS?)

説明

一般的な家計簿ツールでは、手持ちの金額や収入についても記録を求められることが多い。そのようなツールでは、以下のような問題点がある。

  • 手持ちの金額と一致させるために、すべての出金・入金を事細かに記録しなければならなくなり、目的によっては煩わしい。
    • 特に、預金の預け入れ・引き出しなど、手元のお金が動いただけのイベントをいちいち入力するのが面倒だと思う人は少なくないのではないか。
  • 手元にどれだけのお金があるのか、といった情報はまさに重大なプライバシーであり、スマートフォンのセキュリティに対する懸念が叫ばれる昨今、人に見られるかもしれない場所に記録しておきたくない、という人もいるのではないか。
    • 銀行からの引き落としなども記録したい場合は預金額や給料なども記録しなければならなくなる訳で、情報が流出した時のダメージは大きい。
    • 特定の用途での出金に関しては、恥ずかしいので記録に含めたくない、と思う人もいるかもしれない。

一方、家計簿を付けようと思う動機というのは、大抵の場合、無駄遣いを戒めようというものであり、その為に、普段自分はどういった用途にどれだけのお金を使っているのか、即ち出金の状況を把握しておきたい、とするものが大半なのではないかと思われる。

そこで、出金、即ちお金を使った時に、何にどれだけ使ったのかを逐一記録するだけのツールを作成する。具体的な機能は以下の通り。

  • 1回の出金に関して入力すべき情報は以下の通り。
    • 日付
    • カテゴリ (食費、食料品、交際費、服飾、文具、本、雑誌、etc...)
    • 名目 (手書き or プリセット)
    • 金額
    • メモ (備考)
  • 週毎、月毎、年毎、年度毎の出金総額、カテゴリ別総額、出金額推移グラフ等を表示するデータシート機能。
  • カテゴリのメンテナンス機能。

当面は Android アプリとして開発を行う。将来的には、データを PC 上でも扱う方法を模索する (データのエクスポート、 PC 向けアプリ開発とデータ連係、 Web アプリ化、 etc...)。

問題点

PC とのデータ連係を実現する場合、扱う情報の性格上、セキュリティには十分注意する必要がある。

履歴

2012/2/18 新規作成

  • 草案作成: murachi (村山 俊之)
Last modified 12 years ago Last modified on Feb 18, 2012, 1:15:16 PM
Note: See TracWiki for help on using the wiki.